よくある質問|ネクストライフ

LINEで相談

メールでのお問い合わせ

9:00 - 18:00 水曜定休

メニューを開く

メガメニュー を開く

このページの先頭にもどる

メガメニュー を閉じる

NEXT LIFE 株式会社ネクストライフ

  • 公式LINEで購入相談物件探し 友達追加でお好きな時にご相談
  • 物件検索に疲れてしまった方は、直接ご連絡ください。052-325-8827 9:00 - 18:00 水曜定休 メールでのお問い合わせ

“お店” に関するご質問

  • Q.内見したい場合がある場合、現地待ち合わせでも可能ですか?またお迎えサービスはありますでしょうか?

    • A.

      内見希望の物件について、当事務所にお越し頂くことなく、現地でのお待ち合わせが可能です。

      また内見時にお迎えサービスも行っておりますが、場所・時間帯によって応相談とさせて頂いております。

  • Q.現在夫婦共働きで時間が合わないんですが、内見など別々で見せて頂くことは出来ますでしょうか?

    • A.

      いかようにもご対応致します。お気軽にご相談下さい

  • Q.店舗のスタッフで不動産に関する資格を持った方はいらっしゃいますか?

    • A.

      当社は現在在籍しております従業員・スタッフ(工事部を除き)8名が宅地建物取引士の免許を保有しております。

      不動産に関する全般的な知識はもちろん、経験豊富な人材が多くおります。

  • Q.取り扱いは売買物件のみでしょうか?

    • A.

      弊社は売買をメインとしておりますが賃貸も取り扱い可能です。

  • Q.1回の来店で、どのぐらいの時間を見ておけばいいですか?

    • A.

      ご相談内容にもよりますが、事前に何時間ぐらいお時間を取って頂けるかを教えて頂けると幸いです。

  • Q.資料請求をすると、どんな資料がもらえますか?

    • A.

      主には販売用チラシとなります。所在地、図面から始まり、近隣にあるお店や学校等の距離、また法令上の制限などです。

      新築やリノベ住宅の場合は仕様書などもございます

  • Q.LINEで連絡のやりとりは可能ですか?

    • A.

      はい、可能です。

      当社は公式LINEのシステムを導入しておりますので、一般の方が無料通信アプリとしてご利用されてますLINEからのご登録が可能です。

      無論当社システムをご利用頂く際も無料となります。(新たに別アプリを取得頂く必要はありません)

      当社ホームページからの直接LINE登録(QRコード)も可能です。

      https://www.nextlife-f.jp/line

  • Q.子供が小さく店舗に一緒にいくのがご迷惑かと思いますが大丈夫ですか?

    • A.

      是非、お子様とのご来店お待ちしております。

      当事務所には、キッズコーナーがあり、おもちゃ・絵本等もありますのでゆっくりとご相談頂けるかと思います。

  • Q.毎週定休日が水曜日と記載がありますが、どうしても水曜日に伺いたいです。可能でしょうか?

    • A.

      全く問題ございません。是非ご対応させて頂きたく思います。お気軽にご相談下さい。

  • Q.店舗に車で伺う場合、駐車場はありますか?

    • A.

      はい、ございます。

      ご来客様用を合計5台まで確保しております、詳細は052-325-8827までお気軽にお問合せ下さい。

  • Q.店舗に直接伺えない場合(場所的な事、時間的な事)どのようにしたらいいですか?

    • A.

      お客さまのご自宅や、近隣のファミレス・喫茶店または職場の近くなど、ご指定頂けましたらいかようにもご対応させて頂きます。

  • Q.店舗に直接伺って相談したい場合、事前に予約は必要ですか?

    • A.

      出来る限り予約までではありませんが、事前にご来店の日時・内容をお聞かせ頂いた方が当日ご相談内容に応じスムーズにご案内・ご説明をさせて頂くことが出来ます。

      ご来店予約の方法は以下の通りとなります。

      電話予約:052-325-8827

      メール予約:info@nextlife.nagoya.jp

      LINE予約:https://www.nextlife-f.jp/line

  • Q.ホームページ内に記載がある営業時間(午前9時~午後6時)以外の対応は可能ですか?

    • A.

      はい、可能です。

      但し、時間外でのご相談・ご来店に関しましては事前に日時をご相談下さい。

“不動産” に関するご質問

  • Q.物件価格以外に掛かる諸費用って具体的に何がありますか?

    • A.

      購入する不動産(新築戸建・中古戸建・マンション・土地等)によって内容が変動しますが、一般的には以下の通りとなります。

      1.登記費用

      2.火災保険

      3.銀行手数料

      4.住宅ローン保証料

      4.印紙代(売買契約書・金銭消費貸借契約書)

      5.不動産仲介手数料

  • Q.1日でたくさん物件を見たい場合、いい方法はありますか?

    • A.

      はい、あります。

      インターネットに掲載のある気になる物件の戸建であれば、所在地(地番は不要)と販売価格・マンションであればマンション名と販売価格を事前に教えて頂き内覧前に整理して、ご都合のいい日時をご調整の上、1日で複数の物件の内見が可能です。

      但し、新築マンションに関しては例外となります。

      どの物件(新築マンション以外)もそうですが、お部屋の鍵は他業者と共有してる事がほとんどです、私達も事前に準備する時間を頂ける事で当日スムーズにご内見が頂けます。

  • Q.物件探しは複数の不動産会社に依頼した方がいいですか?

    • A.

      結論から申し上げますと、お探しする物件の種別やご条件によってになります。

      例えば、新築マンションを中心に探してる場合や、高級分譲住宅を探されてる方に関しては、複数社の内見依頼をそれぞれに行っていかれる方が効率的となりますし、中古住宅(戸建・マンション)や土地探しについては1社での依頼でもほぼ全ての物件がご紹介出来るような仕組みになっておりますので、複数社に依頼されたとしても同じ物件にたどり着く事が多くなります。

  • Q.中古物件を検討していく予定ですが、所有者の売却理由を教えて頂くことは出来ますか?

    • A.

      もちろん可能です。一般的には「住み替え」「相続」「離婚」「競売」などがあげられますが、中には「事故物件」などもあります。

  • Q.仲介手数料はどのぐらい掛かりますか?

    • A.

      通常は物件価格の3%+6万の消費税となりますが、価格によっては以下の場合もございます

      1 400万円超 取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税
      2 200万円~400万円以下 取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税
      3 200万円以下 取引物件価格(税抜)×5%+消費税
  • Q.物件の詳細で「所有者居住中」と記載がある物件については内見できるのでしょうか?

    • A.

      ほとんどの物件「所有者居住中」が内見可能です、但し、事前の内見日時等はお住まいになられてます方との調整が必要になります。

      もしそう言った物件をご検討されてます場合、お気軽に当社までご相談下さい。

  • Q.インターネットに掲載があって他店舗の取り扱いの記載がある場合でも取り扱いや内見をお願いすることはできますか?

    • A.

      ほぼ可能です。まれにご紹介できない物件もございます。

  • Q.現在賃貸マンションに住んでますが、住宅ローンと2重払いにならないようにできますか?

    • A.

      はい、可能です。やり方・方法等がございますので、そのようにならない配慮・組立をご提案いたします

  • Q.不動産の掘り出し物って本当にありますか?

    • A.

      何をもって掘り出しかは、各お客様のご状況にもよる部分もあるかと思われますがあります。

      それらの物件を掘り出し(お値打ち)なものとしていく事は、様々な提案力が左右する場面も存在します。

  • Q.インターネットで同じ物件が複数掲載されてるのは何でですか?

    • A.

      一般的には仲介物件は全ての不動産業者が取り扱う事ができます。よって複数の業者が同時に宣伝している現象は普通に起きています。

      近年のネット時代により、購入される側がそれらの業者を選別し選択していく時代になっています。

  • Q.坪単価ってどうやって計算しますか?

    • A.

      土地の売買であれば、「土地価格÷坪数=坪単価」と明快ですが、上物が「新築」「改装済中古」「改装無中古」などの場合は、それらの建物を考慮した中から適正価格を算出します。

      気になる物件の評価等は是非 ご相談下さい

  • Q.不動産の売買契約ってどのような手続きを行いますか?

    • A.

      契約を締結する前に、宅建業法で定められております宅地建物取引士より重要事項説明書をご説明いたします。

      重要事項説明とは一言で言えば「これからお買いになる不動産がどのような物であるか」の説明となり、所在、面積、測量等から始まり、権利関係、法令上の制限等々、さまざまな事項のご説明をした上で納得後に契約となります

  • Q.マンションと一戸建てどっちがオススメですか?

    • A.

      お客様のライフスタイル等々より判断される部分が重点となりますため、どちらが良いかの判断は付きかねません。また どちらの場合もメリットとデメリットは存在すると思います。

  • Q.何件ぐらい物件を見学して決める人が多いですか?

    • A.

      昔と違って、内見前にある程度の情報が確認できる分、2・3物件のみで決められる方も増えてきております。

      ご納得頂く物件が見つかるまで当エージェントが最後までサポートさせて頂きます。

  • Q.得意とされてる種別は何ですか?

    • A.

      新築戸建・中古戸建・中古マンション・土地の販売・仲介から始まり、それらに付随したリノベーションのご提案は最も得意としております。

  • Q.仲介手数料以外に情報提供料などはかかりますか?

    • A.

      当社では宅地建物取引業法による上限金額までの範囲とする、仲介手数料のみとなります。

      【売買価格400万円以上の場合の速算式】

      ・仲介手数料=(売買価格×3%+6万円)+消費税

“リフォーム” に関するご質問

  • Q.不動産購入の際にリフォームも併せて行いたいと思いますが、可能でしょうか?

    • A.

      はい、可能です。

      当社が最も得意としている分野となります。

      当社では新築物件(建売住宅等)や中古物件(戸建・マンション)に対しより皆様のご生活が豊かで便利になりますようプラスとなるエクステリア(カーポート・ウッドデッキ・目隠しフェンス等)や内装工事、設備関連などの追加工事のご提案もしております。

      提携している一級建築士と連携し間取り変更プランもすみやかにご提案致します

      (建設業許可愛知県知事許可 般-31 第109580号)

  • Q.現在持ち家があり、リフォームだけお願いすることはできますでしょうか?

    • A.

      もちろん可能です。ご満足頂けるご提案を誠心誠意いたします。

  • Q.中古物件(戸建・マンション)を買って、リフォームしたい。どう進めるとうまくいきますか?

    • A.

      弊社が最も得意としている分野です

      売買+リノベーションを各担当を付け同時にご提案して参ります。

      また、同時にご提案することで、ご満足頂ける価格でのご提供も可能となっています

      弊社では常時 さまざまなエリアにおいてリノベーション工事をしております。それらの物件を見学して頂くことで、詳細なイメージも沸くことができます。

  • Q.現在ハウスメーカーで建築中なのですが外構工事だけをお願いすることは可能ですか?

    • A.

      もちろん可能です。
      ハウスメーカー様の工務や営業の方と連携して工事を行いますので、外構だけを弊社で行なってもスムーズに進めることができます、ご安心ください。

“住宅ローン” に関するご質問

  • Q.フラット35(全期間固定金利)で住宅ローンを組む予定ですが、取り扱いはありますでしょうか?

    • A.

      複数の代理店と提携しております。すみやかにご対応致します。

  • Q.他の不動産会社で住宅ローンの審査は難しいって言われました。相談にのってもらうことは出来ますか?

    • A.

      さまざまなご事情により、思うような融資が得られない方の相談を多く受けております。

      ご状況に見合った融資額を算出し、その中から一緒に物件選びを始め、改装提案も含めてご満足頂けるサポートをして参ります

  • Q.住宅ローンの金銭消費貸借契約って何の契約ですか?

    • A.
      住宅を購入するために、住宅ローンを金融機関から借り入れる場合には、購入者は購入する住宅に抵当権を設定し、抵当として金融機関に差し入れるのが一般的となります。
      この場合には、金銭消費貸借契約と抵当権設定契約をまとめて一つの契約書に盛り込むことが多く、こうした契約は「金銭消費貸借抵当権設定契約」のよう呼ばれております。

      金銭消費貸借抵当権設定契約には次の契約条項が記載されるのが通例となっております。
      1.借入金額・利率・返済期日・遅延損害金
      2.返済の延滞や債務者の信用状況の悪化が生じた場合の措置
      3.不動産に対する抵当権設定
      4.不動産の滅失等の場合における追加担保の差し入れ
      5.不動産の売却・賃貸借等の制限
      6.火災保険への加入
      7.保証人または保証会社による保証
  • Q.資金計画って何のことですか?いつするものですか?

    • A.

      基本的に決まりはありませんが、近く購入を検討されてる場合は、物件探しと並行して行って頂くことをオススメしております。

      事前の資金計画により無理のない範囲がどの程度借入れすればいいか、実際にどのぐらいまで借り入れが出来るかなど前もって詳細を知る事が出来ます。

      当社にて住宅ローン事前制度(無料)をご活用下さい、ご相談・ご利用になります場合はまずはお電話下さい。

  • Q.夫婦それぞれで資金を出し、住宅を購入した場合、名義はどうしたらいいですか?

    • A.

      ご夫婦のだされる金額に応じて持分を付ければ共有名義の不動産となります

      提携司法書士、顧問弁士もおりますのでお気軽にご相談ください

  • Q.現在マイカー・その他ローンがありますが、住宅ローンを組むときに1本でまとめることはできますでしょうか?

    • A.

      はい、可能です。

      当社でご紹介してます一部の銀行で融資対象として見なして頂けます。

      但し、本体住宅ローンと多少の金利差や審査基準等ありますので、まずはご相談下さい。

  • Q.住宅部分と併せて家具・家電も借入することはできますでしょうか?

    • A.

      はい、可能です。

      当社でご紹介してます一部の銀行で融資対象として見なして頂けます。

      但し、本体住宅ローンと多少の金利差や審査基準等ありますので、まずはご相談下さい。

  • Q.勤続年数が短い場合でも、住宅ローンは借りれますでしょうか?

    • A.

      フラット35は可能です。その他にも受付できる金融機関もございます。

  • Q.土・日しか休みがなく、住宅ローンの手続きは平日のみでしょうか?

    • A.

      各金融機関が構える住宅ローンセンターは土日も営業している所も多々ございますので可能です。

  • Q.住宅ローンの事前審査制度って何ですか?

    • A.

      当該物件を購入するにあたり、事前に簡易書類をもとに仮審査を行います。そちらが承認されれば、物件の契約行為に入り、契約書、重要事項、所得証明その他必要書類の原本を持参して住宅ローンの本申し込みを経て正式承認という流れとなります

  • Q.住宅ローンの融資を受ける条件は具体的に何がありますか?

    • A.

      年収、年齢、勤続年数、自己資金、既存借入状況等々から総合的に判断されます。

      上記の詳細をお聞かせ頂けましたらば机上でおおよそ可能な融資額を判断する事も可能です。

  • Q.購入する際は、頭金は必要ですか?

    • A.

      頭金がなくても、購入頂いたケースはたくさんございます。その場合、住宅ローンと諸費用ローンを併用すれば購入は可能です。又、諸費用部分を住宅ローンの低金利で併せて借り入れが出来る銀行もあり、場合によっては家具・家電も借入れ出来る事があります。
      住宅ローンと諸費用ローンを合わせて、売買価格の110%くらいが目安になります。
      金融機関によって様々ですので、まずはご相談ください。

  • Q.過去にマイカー等の支払い延滞がありますが、住宅ローンの審査には通りますでしょうか?

    • A.

      一概に全てNGという事ではありません。状況によっては可能です。詳細をご相談下さい。

  • Q.初めての住宅ローンで不安ですが一から教えて頂くことはできますか?

    • A.

      はい、もちろんご対応させて頂きます。

      当社ではお一組事のご相談者様に対し専属となる住宅ローンアドバイザーがアドバイスや進め方をお伝えさせて頂きます。

  • Q.住宅ローンの申込手続を教えてください。

    • A.

      まずは、事前審査のお申込みが必要です。
      事前審査終了後、正式申込が必要です。
      正式申込後、ローンのご契約と抵当権の設定を行い、お借入れとなります。詳しくはお手続きの流れをご覧ください。

  • Q.ボーナス併用払いはできますか?

    • A.

      はい、ボーナス月に増額返済をすることもできます。ご返済方法は以下の①②のいずれかからお選びいただけます。

  • Q.金利タイプの「当初型」と「全期間型」はどのように違うのですか?

    • A.

      「当初型」は、お借入れの初期に金利の引下げ幅が大きくなっています。一定期間後、引下げ幅は変わります。
      一方「全期間型」は、お借入れ中はずっと同じ金利の引下げ幅となります。

まずは、お気軽にご相談ください!

物件検索に疲れてしまった方は、直接ご連絡ください。

物件検索に疲れてしまった方は、直接ご連絡ください。

株式会社ネクストライフ 
〒462-0053 名古屋市北区光音寺町字野方1907番地の205 NLビル

ページの先頭へ戻る